GMOクリック証券「外為オプション」のニューバージョンお披露目!

新しくなった外為オプション

以前からGMOクリック証券はバイナリーオプションとして「外為オプション」を提供して参りましたが、2013年11月よりリニューアルすることになりました。

 

では一体どのような点が新しくなったのでしょうか。旧バージョンとの比較の中で説明していきましょう。

 

新「外為オプション」の3つのウリ

このたびリニューアルした新・外為オプションは旧バージョンにはない3つのメリットを実装し、よりパワーアップすることになりました。GMOクリック証券のFX口座を既に持っている人は新たに口座開設手続きをする必要なく取引を開始できます。

 

1つめは、オプション取引が3タイプに増えたことです。従来、バイナリーオプションといえば、購入時点からある一定時間後に外為相場が上がっているか下がっているかだけを予測することで取引を行うというシンプルさが多くのトレーダーを集める原因となりました。

 

しかし、現実の相場にはいろいろな局面があり、取引の仕方がシンプルということは逆に言えば、融通がきかない、もうけるチャンスを見逃してしまうなどのデメリットもありました。そこで今回の新バージョンでは、あらゆる相場の状況に対応できるフレキシブルな機能を実装することになったのです。

 

2つめはオプションを購入して、決済すべき時刻に達していなくてもそれを売約することができたり、また再購入することもできるようになりました

 

3つめは、バイナリーオプションが安全であるという裏付けでもあった、万一予測が外れた場合でも購入代金を失うだけということだけでなく、ペイアウト金額も1枚あたりいくらという形で固定するようにしました。従来、バイナリーオプションは、利益の金額管理が面倒でしたよね。その点を解消したということです。

 

さて上記3つのメリットのうち、一番大きなウリは、オプション取引のタイプが3つに増えたということです。従来のように、購入時点の通貨ペアのレート価格からある一定時間後に価格が上がっているか下がっているかだけを予測するのとは違い、今回新たに、ラダー、レンジイン、レンジアウトの3種類が追加され、より多くの相場の局面に柔軟に対応できるように、それがつまり、利益を得るチャンスを一気に増やすことになったのです。トレーダーにとっては臨機応変な取引を行えるという点で画期的な面です。

その3つの機能ですが、具体的には、ラダーというのは、値動きの幅が大きいか小さいかに応じてどのポジションを購入するかを柔軟に選択できるようになったものです。レンジインは、値動きが少ない相場において適したやり方、レンジアウトは、価格が大きく変動しているような荒れた相場の局面に適したやり方です。

 

3つの取引タイプ

 

トレーダーはこれらを局面に合わせて選択すればよいのです。

 

ペイアウト金額を固定

通常、トレーダーの予測が的中して利益が200%になった場合、ペイアウト率というものを使って業者とトレーダーの分け前を決めています

 

例えば200%の利益のうち、トレーダーは170%、残りの30%を業者が手数料として受け取るというような具合です。従ってパーセンテージが固定されているということは投資金額に応じて、支払い手数料が変わってきますので、受取金額の管理も面倒でした。

 

しかし、今回GMOクリック証券では、「予測が当たった場合、手元に入る金額」を1枚あたり1000円に固定することにしたのです。つまり、報酬の金額を固定することで利益の金額管理がしやすくなったのです。その代わり難易度等の要素に応じて購入金額が変動していくということになります。

 

このおがげで、1取引において購入金額が100円以下になり、1回の注文で購入できる上限が50枚となりましたので、1日あたりに購入できる上限が5000枚になりました。

 

旧オプションとの違い

大きな変更点は上記の通りですが、ほかには取引時間が少し変更されています。旧オプションでは、月曜日から金曜日の午前8時から翌朝4時までの間に、午後2時45分から55分は購入ができないことになっていました。20分の取引が5分間隔で実施されていました。しかし現在では、翌朝5時まで3時間の取引を2時間おきに開催しますので、1日に10回の取引が開催されることになります。

 

尚、この開催回数ですが、年間通して常に一定とは限らず、経済指標が発表されたり、ホリデーシーズンであることなどを考慮して回数を変動する可能性があるそうです。

 

>>外為オプションの公式HPへ<<

 

口座開設時に知識確認テスト?

新しくなった外為オプションにはテストがある?

最近では、FXトレードなど、経済情勢にあまり詳しくない人でも簡単にトレードに参加できてしまうような時代になりました。バイナリーオプションは、FXトレードに比べても尚取引の仕方がシンプルですので、たくさんのトレーダーが存在しています。

 

しかし、勘違いしてはならないのは、いくら仕組みがシンプルであってもこれはあくまでトレードなのです。甘く見ると大きな損失を出して、場合によっては、自分の全資産を失うことだって全くないわけではありません

 

そこで、GMOクリック証券では、外為オプション取引口座を開設された方に、取引に必要な最低限の知識をテストという形で確認させていただいております。

 

従来から引き続き取引していただいている方は受けていただかなくて結構ですが、新規に口座を開設される場合には必須事項となりますので、ご了承下さい。これも全て、トレーダーの皆さんが、リスクについてしっかりと把握され、安全に取引をしていただくための措置なのです。

 

その他の変更点は?

以前は、購入金額が最低1000円か100円刻みで選べるようになっていましたが、現在は1枚あたりの購入金額が1円から1000円まで自由に変動できるということになりました。1枚からでも購入できることで取引の最低金額が下がり、1回あたりの金額を少なめにすることで安全性を高めたり、いろいろな取引形態を使ってリスクを分散させたりなど、初心者にとっても安全で使いやすいシステムになるようにしています。

 

また、モバイル専用サイトは廃止されました。iPhoneとAndroid、それぞれの専用アプリはそのままご利用いただいて結構です。

 

こうしてニューバージョンの外為オプションがスタートしましたが、安全性を重視した内容になっている一方でトレーダーの皆さんにより取引を楽しんでいただけるよう様々な工夫をしています。