新・外為オプションのリスク

新・外為オプションには投機的な要素は小さくなったと言われており、リスクは減ったと思われますが、それでもリスクが存在することには代わりはありません。以前の旧・外為オプションは取引回数が200回以上可能だったことから、「回数が多い=リスクも大きい」というようになっていました。しかし新・外為オプションでは取引回数が制限されており、その回数は10回までとなっています。200回以上が10回までの制限になったので小さいリスクでバイナリーオプションができるものですが、バイナリーオプション自体にリスクがあることを忘れず、取引に関しては知識を蓄え、ギャンブル的に取引することのないようにしてください。

 

バイナリーオプションは短期取引なので、失敗して損を出してしまうとすぐに次の取引を行い、前回の失敗を取り戻そうとします。大切なのは失敗の原因を調べ、次に生かすことなのですが、ギャンブルの負けをすぐに取り戻そうとするかのごとく、次々と投資をくり返してしまう人がいます。そして勝ち負けに敏感になり、一喜一憂しているうちに資金が少なくなっていくというパターンが一番良くありません。

 

バイナリーオプションは上下予想という単純な取引なので誰でもできますが、それとギャンブルを同じに考え、ただ予想が当たった外れたということに喜んでいると、損失が出たときに「取り返す」という気持ちが先行してしまいます。バイナリーオプションでしっかりとした利益を上げるには情報収集が何よりも大事です。ただ上下予想をするための取引ではないのです。損が出たら原因を分析し、次回に生かすことが何よりも大切なのでそれを忘れないでください。

 

 

■新・外為オプションで取引を行うときの心構え
バイナリーオプションで投資をすると直後には利益・損失が決まります。新・外為オプションのペイアウトは1口1,000円になります。これは固定されています。投資金額は1円から行えますから、最低損失金額は1円ということになります。非常に安い金額から投資ができるので、1円で何十回、何百回もバイナリーオプションを行い、慣れたころに金額を増やしていくということもできます。

 

また、予想を外れた値動きをし始めた場合には、すぐに損失を小さくすることも可能です。なぜなら、新・外為オプションでは取引時間中にポジションの売却ができるからです。

 

こうしたことを読んでいると、バイナリーオプションは損も少なく、初心者でも簡単に取引を行え、練習代わりにお金をあまり賭けないでできる取引のような感じがします。

 

しかし忘れないでいただきたいのは、予想した値動きから外れてそれを対処できなかった場合には、投資した金額全てがマイナスになることを忘れないようにしてください。投資した金額が全部なくなるのです。安価で行っているときにはそれでも損は少なくて済みますが、この金額がだんだん大きくなっていくと、一度の取引で大きな損失を招くことにつながります。

 

ですので、バイナリーオプションを行なう場合には自分の中でルールを決めることです。投資金額の上限を決め、それ以上には絶対に投資しないであるとか、損が出そうな場合にはすぐ対処するなど、厳密なルールとラインを設定しておくことが重要です。