トレーダーの資金を守る信託保全

最近はFXトレードやバイナリーオプションに参加するトレーダーが増えました。株式の売買等に比べて取引の仕組みが簡単だからです。しかし、いつくもの落とし穴があることも事実です。こうしたトレードを行う場合、資金を証券会社などの事業者に預けなければなりません。しかし、もし証券会社が倒産したらということは考えたことはありますか?

 

あなたが預けた資金は全てなくなってしまうかも知れないのです。そういう心配をしなくて済むように、GMOクリック証券では「信託保全」として、トレーダーから預かった資金を銀行に預け、万一証券会社が倒産するようなことがあっても、トレーダーの資金が守られるようにしているのです。

 

ちなみに、現在GMOクリック証券が信託保全しているのは、三井住友銀行とみずほ銀行で、いずれも我が国のトップ5に入るメガバンクですので、安心です。またこの信託保全は、営業日ごとに対象額が計算されるようになっている上、計算金額よりも多めに信託をしているため、「実際には全ての資金が守られなかった」という事態にならないように万全の体制を整えているのです。

 

信託保全によって顧客の資金を守る

上述した信託保全についてですが、もし信託保全をしなかったらどうなるのでしょうか?トレーダーから預かった資金をFX事業者やバイナリーオプション事業者、つまりここでは証券会社が全額預かって管理することになります。すると事業者事態の資産とトレーダーから預かった資産が一緒に管理されることになりますので、万一、事業者が倒産するようなことになれば、事業者の全資産が差し押さえられてしまい、トレーダーの資金は全額戻ってこなくなってしまいます。トレーダーの立場としてもこのような事業者には資金を預けられませんよね。でも以前はこのようなトラブルは決して珍しくはなかったのです。

 

そこで、事業者固有の資産とトレーダーから預かった資金をきちんと分けて管理した上で、預かった資金を、銀行と信託契約を結ぶことによって万一の場合でもトレーダーの資金は保証されるようになります。これが信託保全のしくみです。

 

こうしたトレーダーの資金は、銀行の「信託口座」で管理され、その状況を社外弁護士が随時確認し、厳しい目でチェックしているのです。そして万一事業者が経営破綻しても、資金は事業者から受け取るのではなく、社外弁護士によって信託銀行口座から返金されるのです。

 

もちろん、事業者、つまりここでは証券会社が倒産しないに越したことはありませんが、万一の場合でもGMOクリック証券は万全の体制をとって、トレーダーが安心して取引を行えるようなシステムを確立しているのです。

 

ちなみに、自己資本比率という指標があります。これは総資本から他者資本を差し引き、総資産を割ったもので、この数値が大きいほど借金が少ないということになります。GMOクリック証券はこの数値が2013年時点で3倍以上となっており、いかに優良な経営状態であるかがおわかりいただけるのではないかと思います。