PCからでもスピードトレードが可能なウェブブラウザ版

新バージョンの外為オプションにおいては、基本的にパソコンを選びません。インターネットが出来る環境であればいつでもどこでも取引が行えるようになりました。画面を表示するウェブブラウザも、Winodwsパソコンであれば標準で搭載されているInternet Explorerを推奨しています。FirefoxやGoogleChromeでも使用はできますが、一部の機能が使えないという点が指摘されていますので使用される場合は注意して下さい。

 

Macintoshの場合はこのシステムが対応していないこともありますので、システムが推奨している環境を十分にご確認の上ご使用下さい。旧バージョンでは別途ソフトウェアをインストールしなければ使えませんでした。

 

このように新バージョンの外為オプションはインターネット環境さえあれば取引が可能です。パソコンでなくても最近流行のタブレットやスマホでも、専用アプリをインストールすることで24時間どこにいても取引ができるようになりました。まさにユビキタス社会ですね。

 

ただ、出先で取引される場合の注意点としては、電波が安定している環境であるかどうかということです。取引の最中に万一ネット接続が切れたりしたら、大きな損失を出してしまうこともあります。特にWIFIなどは場所によっては不安定なところも多いですから注意が必要です。

 

もう一つは電源をしっかり確保しておくことです。バッテリー切れを気にしながら取引していると、操作ミスが起こったり判断ミスも考えられます。できれば電源がしっかり確保できる場所を選んで取引されるのがよいでしょう。

 

新バージョンの取引ツールは、ラダー、レンジイン、レンジアウトなどオプションの種類によってインターフェースも異なりますのでとても見やすくなっており、値動きや分析がしやすくなっています。
このようにウェブブラウザ版PC版ツールを使って取引をされる場合はパソコンの使用環境さえ注意すれば、いつでもどこでもバイナリーオプション取引が行えるようになっていますので、初心者でも安心して行えます。